会長挨拶

烏帽子会へようこそ

会長挨拶イメージ 私達は、第1回生卒業から6年後の1982年に烏帽子会として産声を上げ、その後34年の歴史を刻んできました。そして4019名の同窓卒業生を抱えるまでになりました。今年40回目の同窓生が卒業します。その間、同窓会としては着実に発展し、歴史ある私立医科大学と比べても遜色のない活動が出来るようになったと自負しています。そして成長の時期はすぎ、さらなる時間のなかで、歴史を積み上げてゆく段階に入っていると思います。
我が烏帽子会としての誓詞は、FIDES(信義)であります。信義とは「約束を守り、務めを果たすこと、偽り欺かないこと。」と広辞林にあります。医師として精神的な基本となるmottoではないかと考えています。医学を志した人間は、臨床、教育、研究どの分野に進もうとも、心の中にFIDESを信条に「自分は役に立っている。」という信条があれば、仕事を着実に頑張れるのではないかと思い烏帽子会の言葉にしています。
私大医学部同窓会の特長は、多くの卒業生の生い立ち、生活環境が非常に類似している事ではないかと思います。この基礎が、問題解決をする時に、価値観を極めて自然に共有することが出来る強さではないかと思います。卒業生の大学、後輩学生への関心は、大変に強く熱い情熱がありますので愛情と結束力の強さは烏帽子会の大変良いところであると思います。
卒業生の母校愛と、大学職員の溢れる向上心の追及を結集して行けば、個性に満ちあふれた上質な医学部に、この大学は成長して行けると確信しています。

福岡大学医学部同窓会 会長
会長挨拶名前

総会のご案内
学生対策
パニックマニュアル